むくみ解消には足首の柔軟性が必要ってホント?

むくみ解消には足首の柔軟性が必要ってホント?

脚のむくみに悩まされている方は少なくありませんね。
立ち仕事やデスクワークなど、1日働いて帰ってくると脚がパンパン……なんてこともよくあります。
そんな困った脚のむくみの原因の1つに、足首の柔軟性が失われていることがあるのをご存じでしょうか?

脚のむくみだけでなく体全体の不調のカギを握る、「足首の柔軟性」についてお話します!

足首の柔軟性が失われるとどうなるの?

私たちの脚、特にふくらはぎの筋肉は、歩行時などに収縮することによって血液や体液を心臓まで押し戻す「ポンプ」の役割を持っています。
足首にあるアキレス腱はふくらはぎの筋肉とつながっているため、足首が柔軟に動かないとふくらはぎの筋肉にも影響が出て、次のような不調が表れやすくなるのです。

むくみの原因になる
足首の柔軟性が失われるとふくらはぎの筋肉を使わずに歩く癖がついてしまい、ポンプとしての機能が低下してしまいます。
こうして脚に溜まったままになってしまった血液や体液が、脚のむくみの原因になるのです。

冷えを引き起こす
すでにお話したように、足首が柔軟に動かないとふくらはぎのポンプとしての役割が正常に働かなくなってしまいます。
血の巡りが滞るようになると体が冷えやすくなるため、脚の冷えの原因にもなるのです。

筋力の低下
足首の柔軟性が失われ、ふくらはぎの筋肉を使わずに歩く癖がつくと、ふくらはぎの筋力が低下します。
さらに、どんなに歩いたりジョギングをしたりといった運動をしても、足首が固まってしなやかに動かない状態ではその効果を感じにくく、筋肉がつきにくくなってしまいます。

足首の柔軟性を取り戻す! 足首ストレッチ法

むくみ解消には足首の柔軟性が必要ってホント?

足首の柔軟性を取り戻すためにまず大切なのは、硬くなったアキレス腱を伸ばし、足首周りの筋肉をほぐして血行を促すことです。
これから紹介するストレッチを朝晩10セットずつを目安に行えば、むくみや冷えの改善につながるだけでなく、細くキレイな足首が手に入りますよ!

《ほっそりとした足首に! つま先立ちストレッチ》
1. 脚を肩幅に開く
2. 椅子の背もたれなどに掴まり、背筋を伸ばす
3. 爪先立ちをして5秒キープ
4. 5秒かけてかかとを下ろす

《血行促進! 足首ハの字ストレッチ》

1.  イスに座り、両足を前に伸ばす
2.  足をハの字にして2秒ほどキープ
3.  逆ハの字にしたら同様に2秒ほどキープ

しなやかでほっそりとした足首は、目にも美しくハイヒールなどの靴もよく似合いますね。
むくみを解消し、程よい筋肉のついた美脚を手に入れるためにも、足首ストレッチを行ってみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. 脚が太くならい座り方は?

  2. 下半身ダイエットに効く! 股関節ストレッチ

  3. 体の不純物を運ぶ!リンパの滞りと肥満の関係とは?

  4. 熱中症? 夏バテ? 夏のダイエットで気をつけたい4つのポイン…

  5. 本当に痛くないの? 気になる「美容鍼」の効果とは?

  6. 脚が太くなる悪い姿勢➁

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。