冬場の「むくみ」3つの原因と改善方法

冬場の「むくみ」3つの原因と改善方法

「冬になって気温が下がってくるとむくみやすくなってしまう……」という人は少なくありません。
冬の体がむくんでしまうのはなぜなのでしょうか?
その主な原因を3つご紹介します。

原因1:冬場の冷え込み

冬場の冷え込みは、むくみを引き起こす原因となります。
冷えとむくみは密接に関わっているのです。

気温が下がり体が冷えると、血管の周辺の筋肉が固くなって血流を阻害します。
血液は体に必要な酸素や栄養素を運ぶだけでなく、老廃物を回収して体外への排出を促す役割を持っています。
血流が鈍くなり、老廃物がたまっていくことによってむくみが起きやすくなるのです。

冷えによるむくみを撃退するためには、生姜やねぎのような体を温める食材をとって体を温めましょう。
一般的に冬に旬を迎える食材は、体を温めてくれる効果が期待できます。

また、1日の終わりにはゆっくりと入浴して汗を流しましょう。
汗をかくことは、代謝をアップしてむくみを解消することに役立ちます。
億劫だからとシャワーで済ませていると、むくみの原因となってしまいます。

原因2:水分不足

冬は温かい季節とは違って喉の渇きを感じづらいため、あまり積極的に水分補給しないという人も多いのではないでしょうか?
体内の水分不足はむくみの原因となります。
人体には、体内の水分が不足すると水分を余分にためこもうとするはたらきがあるためです。

たとえ喉が渇いていなくても、1日に1.5リットル程度の水分を摂るようにすると、むくみの解消に効果的です。
アルコールやカフェインは体外へ水分を排出するはたらきがあるため、純粋な水を飲むようにしましょう。
特に水分不足に陥る入浴前後は純粋な水を飲んで水分補給をすることが大切です。

原因3:運動不足

原因3:運動不足

運動不足もむくみの原因となります。
冬は寒いため、つい外に出ることが億劫になってしまいますよね。
温かい季節は散歩やウォーキングをして運動をしていたのに、冬になるとやめてしまうという人は、むくみが起きやすくなってしまうのです。

全身運動はリンパの流れを整えるために効果的です。
リンパは、運動で筋肉に刺激が与えられることによって流れます。
冬場のむくみを防ぎたいのなら、体にとって不要となった老廃物を体外へスムーズに排出するために、運動でリンパの流れを活性化させることが大切なのです。

冬の運動不足を解消するために、自宅内でできる簡単な運動を毎日のエクササイズとして取り入れてみましょう。
踏み台昇降やスクワットは、室内で簡単にできます。

大切なのは持続することです。
無理な計画を立てても長続きしません。
「朝、冷え切った体を温めるために5分間エクササイズをする」「入浴前に5分間エクササイズをする」というように何回かに分けて運動を行っても構いません。

関連記事

  1. 体に悪影響となる【反り腰】の原因とは?

  2. なんで痩せないの!?「下半身痩せ」が難しい理由と解消法

  3. 油断禁物! O脚が足太りを引き起こす理由

  4. 脚が太くなる悪い姿勢①

  5. 目指せスリム体型! 足痩せの「筋トレ方法」と「落とし穴」

  6. 足の甲がむくみやすい方は要注意!? 原因と解消法とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。