夏なのに冷え性!? 冷え症解消のコツ5つ

夏なのに冷え性!? 冷え症解消のコツ5つ

冷え性に悩まされている方は多いですよね。手足などの末端が冷えてしびれたり、お腹や腰がなかなか温まらず生理痛が悪化したり、女性にとっては困ったことばかりです。
寒い季節には避けて通れない冷え性ですが、実は最近夏にも冷えを感じるという女性も増えています。

暑いはずの夏になぜ冷えを感じるようになってしまうのでしょうか? その原因と冷え性解消のコツをご紹介します。

夏に冷え性? その原因とは

冬の朝晩などに手足が冷えてなかなか温まらない……そんな症状を、夏にも感じることはありませんか?
たとえば、オフィスや電車内などで冷房が効きすぎていて羽織物やひざ掛けが手放せない、ということがあるかと思います。

暑い夏には汗をかくことで体温を調節ししているのですが、常に冷房の効いた環境にいると汗をかく機会が失われ、体温調節が上手に行われにくくなってしまいます。
こうなると必要な時に素早く体温を上げることができなくなってしまい、たとえ冷房が効いていない環境に移動したとしてもなかなか体が温まらなくなってしまうのです。

夏の冷え性は下半身太りにも影響する!?

夏の冷え性は「体が冷たい」「しびれる」といった症状以外にも、腹痛や肩・腰の痛み、頭痛や「体がだるい」などの夏バテ症状を引き起こす原因にもなります。
それだけでなく、女性の天敵である「下半身太り」を引き起こすきっかけにもなるのです。

脚などの下半身は心臓から遠いため、冷えが起こりやすい傾向にあります。
下半身は冷えると代謝が悪化しやすくなり、老廃物や脂肪が蓄積されやすくなるのです。

脂肪や老廃物をため込んだ状態になると、下半身はさらに冷えやすくなります。
冷えやすくなった下半身では老廃物の排出や脂肪の燃焼はますます行われにくくなり、結果的に負のスパイラルにはまってしまうのです。

夏の冷え性を解消するためには? 5つのコツ

夏の冷え性を解消するためには? 5つのコツ

■食事で体を内側から温める
いくら外側から温めてもなかなか改善しない冷え性には、食べ物で体の内側からアプローチしましょう。
なるべく温かい食べ物や飲み物などを選ぶようにし、普段の食事の中にもショウガやネギ類、根菜などの体を温める食材を取り入れてください。

適度な運動で冷えにくい体に体内の熱を生み出しているのは筋肉です。
適度な運動で筋肉を刺激することで、熱を生み出して冷えにくい体を作りましょう。
ウォーキングなどの軽い運動で十分全身の血行を改善し、筋肉を活性化させることができるので、無理のない範囲で始めてみましょう。

■冷えにくい環境を作る
「部屋の冷房が効きすぎて体が冷える」という方は、我慢せずに設定温度を上げるようにしましょう。
オフィスなどでなかなか設定温度を変更できないという場合には、「首回り」「腰回り」「足首」の3点を温めることをおすすめします。
常にストールやレッグウォーマーなどを用意しておくといいですね。

■お風呂はしっかり湯船に浸かる
お風呂は夏だからといってシャワーで済まさずに、38~39℃程度のお湯にゆっくり浸かりましょう。
体を芯から温めるだけでなく、自律神経を整えて体温調節をスムーズに行う効果も期待できます。

■おなかを温めて即効予防
即効性がある冷え予防としては、お腹をカイロや腹巻で温める方法が効果的です。
お腹には内臓が集まっているので、ここを温めることで全身にめぐる血液を温めることができるのです。

夏の冷え性はさまざまな不調の原因になるだけでなく、下半身太りの原因にもなってしまいます。
美しいレッグラインで元気に夏のおしゃれを楽しむためにも、早速対策を始めましょう!

関連記事

  1. 体に悪影響となる【反り腰】の原因とは?

  2. 簡単脚痩せ術! 足湯で太い脚をスッキリ改善

  3. 下半身ダイエットに効く! 股関節ストレッチ

  4. 毎日の習慣が下半身太りの原因に!? 見直すべきNG習慣とは

  5. 冬場の「むくみ」3つの原因と改善方法

  6. 脚が太くなる悪い姿勢➁

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。