毎日の習慣が下半身太りの原因に!? 見直すべきNG習慣とは

毎日の習慣が下半身太りの原因に!? 見直すべきNG習慣とは

美しいボディラインを台無しにしてしまう「下半身太り」。
腰回りや太もも、ふくらはぎなど、女性の体はどうしても下半身に脂肪をため込みやすい傾向にあります。
毎日トレーニングやストレッチを頑張っているのに、なかなか結果が感じられずに悩んでいるという方は多いのでは?

実は下半身太りの原因は毎日の生活習慣にあるのです。
NG習慣を見直すだけでも、十分下半身痩せを実現できますよ! 一緒にお勉強していきましょう。

NG習慣1:デスクワークなどで座りっぱなし

デスクワークが多い方は普段どうしても座りっぱなしで作業することが多く、太ももの付け根が圧迫されやすくなります。
太ももの付け根にはリンパが集まっているため、圧迫されると代謝が悪化してむくみ・セルライトなどの原因になるのです。

ずっと座ったままでいるのではなく、仕事の合間に軽い屈伸運動やストレッチなどを行うようにしましょう。
デスクの下で軽く脚を伸ばし、足首を回すだけでもOKですよ。

NG習慣2:姿勢が悪い

姿勢も下半身太りに大きな影響をもたらします。
猫背で背中がついつい丸くなってしまうという方は骨盤が後ろに傾いてしまうため、下半身の形が崩れやすくなるのです。

太りやすくなるだけでなく「O脚」「お尻が垂れる」などの原因にもなるので注意しましょう。
普段からお尻を引き締めるように軽く力を入れ、頭のてっぺんから糸で引っ張られるようなイメージで歩くようにしましょう。

NG習慣3:水分をあまり摂らない

代謝を正常に保つためには、水分の摂取が欠かせません。
水分不足に陥ると、老廃物が蓄積しやすくなりセルライトができやすくなってしまいます。
目安は1日のうちに2リットル程度の水分。
コップ1杯程度の量をこまめに摂るようにするのが理想です。

お茶やジュースでは利尿作用があり、必要な水分まで輩出してしまう可能性があります。
できるだけ水や白湯を飲むようにしてくださいね。

NG習慣4:脚を組む

座る時に脚を組む癖がある方は、骨盤がゆがんでいる可能性があります。
そのままにしてしまうと血流やリンパのめぐりが悪化しやすくなってしまうので、姿勢よく座ることを心がけましょう。

イスに深く腰掛け、背筋を伸ばしてまっすぐ座るだけでも下半身痩せに効果的です。
始めは落ち着かないかもしれませんが、エクササイズの一環だと思って頑張ってみましょう。

NG習慣5:しょっぱいものをよく食べる

NG習慣5:しょっぱいものをよく食べる

お酒のおつまみなどで塩分の多い食事を好む方は多いかと思います。
ですが、これも下半身太りの原因になってしまうのです。

塩分を摂りすぎると血中の塩分濃度を薄めようと、体が自然と水分をため込みやすくなります。
ため込まれた水分は重力に従って下半身に落ちてゆき、むくみやセルライトの原因となるのです。

しょっぱいものが好きだという方は、体内の塩分を輩出してくれるカリウムを含むバナナやアボカド、パセリなどの食材を一緒に摂るようにしましょう。

いかがでしたか? 日々の生活習慣が下半身太りの原因を作ってしまう可能性があるのですね。
早速今日から見直して、スラリとした理想のスタイルを手に入れましょう!

関連記事

  1. 熱中症? 夏バテ? 夏のダイエットで気をつけたい4つのポイン…

  2. 目指せスリム体型! 足痩せの「筋トレ方法」と「落とし穴」

  3. 脚が太くなる悪い姿勢➂

  4. セルライトに注意! 太ももが痩せない理由とすっきり脚痩せ方法…

  5. 寸胴体形一直線! 足が太くなる生活習慣5つ

  6. 簡単脚痩せ術! 足湯で太い脚をスッキリ改善

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。