油断禁物! O脚が足太りを引き起こす理由

油断禁物! O脚が足太りを引き起こす理由

「足が短く見える!」

「足のラインを見せられない!」

O脚はこのような悩みだけでなく、足太りまでも引き起こしてしまうことをご存知でしょうか。
これらにより、足の見た目は悪くなる一方です。

なぜO脚は脚にとってマイナスとしかならないのか、そのメカニズムなどをご紹介します!

 

O脚は骨盤が歪んだ結果!

O脚そのものも問題ですが、O脚を引き起こす原因に目を向けることも大切です。

そのひとつが骨盤の歪みや股関節の歪みです。生活習慣などで骨盤や股関節が歪むことでO脚となってしまいます。
さらに骨盤や股関節の歪みが血管やリンパ管を圧迫し、足のむくみやセルライトを引き起こすため、足の美しさを損ねてしまうのです。

この状態で、足を細くするためのトレーニングやエクササイズを一生懸命行っても、効果が現れにくいでしょう。
なぜなら、歪みによって栄養を運ぶ役割のある血液が滞っているので、筋肉がしっかりと成長してくれないのです。

O脚は上半身にもマイナスとなる

O脚で悩む方の中には、下腹部がぽっこりとしている方も多いです。
それは、骨盤が歪むことで背中の筋肉にも悪影響を及ぼすから。
体が自然に背中とお腹のバランスをとるため、お腹がぽっこりとしてしまうのです。

■O脚の原因となる生活習慣
何気なく行ってしまう動作にも、O脚の原因となるものがあります。
・横座り
・内ももを床につける、ぺちゃんこ座り
・足先を内側や外側に向けた立ち方や歩き方

まずは、これらを無意識のうちに行っていないかチェックしてみましょう。
家族や友人、知人などに協力してもらい生活習慣を見直すようにしてください。

家で簡単にできる歪み対策方法

O脚の場合は、足首が内側に向いてしまっている場合が多いです。
そこで、まずは凝り固まっている足首のストレッチから始めましょう。

■簡単な足首ストレッチ方法

1. 仰向けの状態になります
2. 両足を肩幅くらいに開いて、リラックスします
3. 左右の足首をまずは一緒に内側に、ゆっくりと大きく回しましょう
4. 10回行ったら、次は外側に10回行います

1~4を、4セット行ってください。

普段の生活習慣を見直すことが歪み矯正になる!

普段の生活習慣を見直すことが歪み矯正になる!

正しい姿勢で立ったり座ったりすることが、歪みの矯正になり筋肉トレーニングにもなってくれます。
そのため、日常動作を意識的に行うことが大切です。

通勤時間に電車内で何となく立つのではなく、このような意識をしてみましょう。

1. 足を揃えて立ち、地面を掴むように親指に力を入れる
2. お尻の筋肉を、左右から締めるようにすぼめる
3. 外を向きがちな膝は、内側へと寄せる

パソコンを使用する時やデスクワークの時は、座り方に注意してみてください。

1. 足を揃えて座り、お尻の下にお尻のお肉を入れるようにする
2. 天井から引っ張られるイメージで姿勢を正す

このように、まずは日々の歩き方や座り方を意識的に行ってみてください。
それが骨盤や関節の歪み、O脚改善の一歩となりますよ。

関連記事

  1. 熱中症? 夏バテ? 夏のダイエットで気をつけたい4つのポイン…

  2. 食事制限は逆効果!? 下半身太りの解消方法

  3. 簡単脚痩せ術! 足湯で太い脚をスッキリ改善

  4. 脚が太くならい座り方は?

  5. 脚が太くなる悪い姿勢①

  6. 猫背が「下半身太り」を生む!? 猫背解消ストレッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。