猫背が「下半身太り」を生む!? 猫背解消ストレッチ

猫背が「下半身太り」を生む!? 猫背解消ストレッチ

猫背の人というのは意外と多く、一説には日本人の7割もの人が猫背になっているともいわれています。

「自分は猫背ではない!」と思っている人でも、仕事中やパソコンを使っている時、スマホを眺めている時などは無意識に猫背になっているかもしれません。
実はそんな猫背が、困った下半身太りの原因となることがあるのです。

女性の美しいボディラインを損なう天敵・猫背の撃退法をご紹介します!

猫背が下半身太りを引き起こす?

一見猫背と下半身太りは全く関係がないように思えますが、実は密接な関係があります。
背中が丸まった状態が続くと、内臓が圧迫されたり骨盤が開いてしまいます。
その開いた幅に合わせて下半身の横幅も太くなってしまうのです。

また、猫背の状態だと内臓や血管が圧迫されてしまうため、次第に血流や代謝が悪化。
すると、老廃物は排出されにくくなり、下半身太りやセルライトなどにつながってしまうのです。

下半身太りを改善するストレッチの方法

下半身太りを改善するストレッチの方法

下半身太りによって体型にメリハリがなくなってしまうと、ファッションも楽しめなくなってしまいますよね。
トップスはMサイズなのにボトムスはLサイズといった具合に、洋服選びもちょっぴり難しくなってしまいます。
そんな下半身太りに効果的な、簡単なストレッチをご紹介します。

《1》股関節ほぐし
あぐらをかくように座ったら、足の裏同士をぺたりと合わせてください。
両方の膝は床の方に押しつけながら、体を軽く前に倒していきましょう。
ゆっくりと倒していって5秒キープし、また背筋を伸ばして5秒。
これを5セット繰り返しましょう。

《2》腰をひねるストレッチ
あお向けに寝て、右足を上げたら膝を90度に曲げます。
この膝を、腰をひねって左側の床にくっつけるようにして5秒キープ、右側の床にもくっつけて5秒キープ。
次に、左足も同じように曲げて両方の床につけるようにして、これを10セットから20セット続けましょう。

《3》おしりを持ち上げるストレッチ
あお向けに寝たら、両膝を曲げて足の裏を床につけます。
この状態で、おしりをグイッと持ち上げ、足の裏と頭と背中だけで体を支えるようにしましょう。

ゆっくりとおしりを持ち上げ、また下ろす運動を10回繰り返せば、猫背が解消しやすくなります。

猫背が習慣化すると、下半身太りが起こりやすくなるので十分気をつけましょう。
ストレッチをしたり、普段から意識して背筋を伸ばしたりすることが、猫背を改善して体型を維持する重要なポイントなのです。

早速今日から始めて、「ピッと伸びた背筋」と「美脚」両方手に入れましょう!

関連記事

  1. 汗をかくのにどうして? 夏に「むくみ」が起こりやすい理由

  2. 冬場の「むくみ」3つの原因と改善方法

  3. お尻がボコボコ!? セルライトができる理由と今すぐやりたい対…

  4. なんで痩せないの!?「下半身痩せ」が難しい理由と解消法

  5. 足の甲がむくみやすい方は要注意!? 原因と解消法とは

  6. 下半身ダイエットに効く! 股関節ストレッチ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。