脚痩せ・下半身痩せするにはどこの筋肉を鍛えればよい?

脚痩せ・下半身痩せするにはどこの筋肉を鍛えればよい?


最近ではパーソナルトレーニングがブームになっていますね!
美尻やら美脚などのワードをよく耳にします、健康・美容の意識が高まることは良いことです。

さて、美尻・美脚を達成するためにはただ単に脚のトレーニングをすれば良いだけではありません。
間違った筋肉を鍛えると逆に脚が太くなることもあります。

それでは、どこの筋肉を鍛えるべきで、どこの筋肉を鍛えてはいけないのでしょうか?

もちろん、下半身太りのタイプによります、しかし多少の個人差はあっても鍛えるべき・鍛えるべきではない筋肉は共通しています。

〇鍛えるべき筋肉は、内もも・もも裏・お尻です。
これらの筋肉は鍛えても引き締まり易く、太くなることはあまりありません。
これらの筋肉を鍛えることによって、お尻は上がり、もも前・ふくらはぎの張りは取れ易くなるでしょう。
〇鍛えてはいけない筋肉は、もも前・ももの外側・ふくらはぎです。
これらの筋肉を過剰に鍛えると脚痩せどころか、逆に脚が太くなってしまいます。
もも前は張り、ふくらはぎは筋肉太りしやすくなります。

脚痩せ・下半身太りは難しいダイエットの一つです。
知識・経験豊富なパーソナルトレーナーを選ぶことが脚痩せ達成への第一歩です。

関連記事

  1. 猫背が「下半身太り」を生む!? 猫背解消ストレッチ

  2. なぜ下半身だけ太るの? 女性の下半身太りが多い理由

  3. 体の不純物を運ぶ!リンパの滞りと肥満の関係とは?

  4. 体に悪影響となる【反り腰】の原因とは?

  5. 脚が太くなる悪い姿勢①

  6. 冬場の「むくみ」3つの原因と改善方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。