下半身痩せ+美容鍼+ACUPUNCTURE

下半身痩せ+美容鍼コース


下半身痩せのための施術(骨盤矯正、脚の血流改善など)と美容鍼を組み合わせた夢のコース

美容鍼は一般的に顔面に行う鍼施術のことを指します。顔面に鍼を行うことで顔の血行が良くなり、引き締め効果や美肌の効果が期待できます。美容鍼は顔面に行うだけでもかなりの効果が期待できますが、「下半身痩せ+美容鍼」は下半身痩せのために行うメニュー(骨盤矯正、脚の血流改善など)を美容鍼と併用させたコースです。

下半身痩せ+美容鍼のイメージ

なぜ美容鍼と下半身痩せのメニュー(骨盤矯正や脚の血流改善)を組み合わせるのか?


根本的・長期的な美肌と小顔効果

血行が良くなると顔色が良くなるだけではなく、血液の循環によって老廃物などが流れ美肌になったり小顔効果があります。しかし、顔面のみに鍼を行い顔局所的に血行を良くする場合と骨盤矯正や脚の血流改善も同時に行い全身的に血行を改善、さらに顔面にも鍼を行い局所的にも血行良くする場合はどちらが効果が高く、持続性があるでしょうか?
心臓から出た血液は血管を通って全身にいきわたります。下半身に到達した血液は静脈を通って再び心臓に戻らなくてはなりませんが、骨盤の歪みなどによって血管(静脈)が圧迫されていたり、筋肉のポンプ作用が低下していて血液を重力に逆らい上方向に戻せない場合は血液の停滞が起こります。そして、このように下半身での血行不良が起きると全身的に血行が悪くなっていきます。これが「ふくらはぎは第二の心臓」と呼ばれる所以です。下半身(ふくらはぎ)と心臓をポンプのように機能させ全身に血液を循環させていくのです。つまり、顔面に鍼を行うだけの“従来の美容鍼”は短期的なその場しのぎのような効果しかなく、長期的・根本的な効果は望めません。スターズでは美容鍼に加えて下半身痩せのためのメニューを行うことで、長期的・根本的な美肌や小顔を目指していきます。

顔の左右差の改善

顔の左右差は誰もが持っています。しかし、その左右差が大きいと不健康に見えたり、顔が大きく見えたりします。
顔面のみに鍼を行う従来の美容鍼でも顔の左右差が改善されることがあります。しかし、それは顔の筋肉の張りやコリに左右差がある場合に限定されます。鍼によって筋肉を緩め顔の筋肉の張りやコリを取り除くことで左右差が改善されることがあります。しかし、顔の左右差は顔の筋肉の張りやコリの左右差によって起こる場合のみではありません。
顔の骨の数は22個あります。この22個の骨が複雑に組み合わさって顔・頭が構成されています。この22個の骨の構成バランスが崩れると顔に左右差が生じてきます。そして、進行すると顎関節症になったりします。構成バランスが崩れる原因は顔の筋肉に張りやコリがある場合だけではなく“身体に左右差がある場合”にも生じることがあります。先述した通り顔の左右差が大きくなってくると顎関節症など症状が表れることがあります。顎関節症とは口を開く際に痛みが生じたり、開けづらかったりする症状ですが、仮に顎関節症の症状が出ている場合を“家の2階の寝室のドアが開きづらく、ギーギーと音が鳴る状態”と仮定してください。もしこの原因がドアの蝶番が壊れているなどドア周辺に原因がある場合は蝶番を新しいものに交換するなどの処置を行えばすぐに直ります。しかし、もし家自体が傾いていて窓枠自体が歪んでいたら、そう簡単に直すことはできません。つまり、顎関節症になってしまった原因(顔に左右差ができた原因)が顔の筋肉の張りやコリであった場合、顔面のみに鍼を行う“従来の美容鍼”で治すことができます。しかし、この原因が身体の歪みであった場合は“従来の美容鍼”では治すことができません。スターズの「下半身痩せ+美容鍼コース」では骨盤矯正など身体の歪みを整えるメニューを併用することで“従来の美容鍼”では改善できなかった顔の左右差にもアプローチしていきます。

是非、効果を実感してください。

ご料金はコチラ